FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAアニメ感想

2011年02月17日
FAアニメの感想日記が途中で止まっていたので
かなり経ってしまいましたが、昨年書いた日記の続きを書きます。
いまさらですが・・・・(;´Д`)


昨年最後に9話の感想を書いていたので
残り10、11、12話をまとめての感想を書きます。

残り3話でどーやって真ルートを消化するのか
とても気になっていましたが
10話での花火を見に行く→そこで血をあたえるのは
アニメのオリジナルだったので
これはオリジナルの展開でいくのかなーと思いましたが
中途半端に真ルートの要素を入れつつ、瑛里華ノーマルルートの雰囲気も
残しつつ、最後は孝平さんの究極の一声(?)で伽耶さまを黙らせて感動のエンディングを
迎えて終了♪


・・・非常に苦しすぎるッ(;´Д`)

確かに瑛里華ノーマルENDだと後味悪いし、
全12話だとこうやって無理矢理に終わらせるしかなかったんですかねぇ(汗)
2クールあったら多分、オリジナルのお話も入れつつ、
しっかり真ルートを消化できたのではないでしょうか?

ですが作画は全体的には良いほうでしたし、
個人的にあんまり出番は無いだろうなぁと思っていた
お姉ちゃんがかなり目立っていたのでその辺りは大変良かったです。

最終回はお姉ちゃんの絵も気合が入っていました(一部だけ怪しいのはありましたけど)
fa1201.jpg
fa1202.jpg
fa1203.jpg



そしてラストの場面
fa1204.jpg

真ルートの場合、重要な情報をつかんで伽耶にゃん屋敷に乗り込むから
なんとか説得が成功しますが、
今回のアニメのような状態で行ったら、瑛里華ノーマルルートであったように
孝平さんマジで伽耶さまに瀕死にされますぜ。


しかし説得を成功させたアニメの孝平さん。
これをRPG的に言わせてもらうと・・・・








ろくな装備も持たず
銅のつるぎでラスボスを倒したぐらいに

値するよ!!




すばらしい!






ということはとっても良いアニメだったってことか(;´Д`) ?



というわけで以上、さとうの感想でした。
関連記事
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。